サブバナ―背景画像

ブログ

2024.04.15
今年最初の蜂絡み!

今年最初の蜂絡み!の投稿画像01

ブログ更新が滞っておりました

 

3月後半 桜が咲き乱れ、春だなぁなんてのんびりしていたら

あっという間に暑くなり、先日13日には岡山県高梁市で28.2℃の夏日を記録(毎年口にしていますが、今年の夏はどうなるんかいね?)

今年一発目の蜂駆除!ではなく、スズメバチの巣をどうしても取ってほしいとの依頼が舞い込んできたのです

 

今年最初の蜂絡み!の投稿画像02

依頼者は外国の方でスズメバチを見たことが無い為(当然巣も)に

軒下にぶら下がった大きな木のこぶのような物が何なのか

ググって正体を突き止めたそうです

「蜂たちは巣の中には居ないし、またこの巣で蜂が巣作りすることは無いから放置していても大丈夫ですよ」とスズメバチの生態や一生をスマホの翻訳アプリで説明したのですが・・・・・

「キミガワルイカラドシテモトッテホシイデース」とアプリの画面

 

 

今年最初の蜂絡み!の投稿画像03

承知しました!そこまで言われるのなら撤去いたしましょう

と手鋸で根元を切り落として、残りの残骸もきれいに取り除き

最後にそろそろ女王蟻が活動してもおかしくない時期なので

気持ち程度の予防スプレーをシューーーーーー

今年最初の蜂絡み!の投稿画像04

綺麗になりました

施主さんも「サンキュー サンキュー コレデヒトアンシンネ」と

 

代金を頂き現場を離れたのですが、夕方からの作業だったため

会社には戻らず、撤去した巣は作業者に積んだまま帰宅しました

(まさかあんな事になろうとは!!!!!)

 

今年最初の蜂絡み!の投稿画像05

翌朝、出勤しようと車に乗り込むと・・・・・

 

「くっ、臭いっ!!これってカメムシの匂いじゃが!えっ?乗り込むときに踏んづけたか?」と靴の裏を確認するも付いてない

ひょっとして・・・・・と昨日撤去したナイロン袋を見ると

!!!!!カメムシがウジャウジャ湧いとるがなっ!

そうです 空になった巣の中で大量のカメムシが越冬していたんです

他にもアシナガバチの集団越冬(女王)にキイロスズメバチの女王も1匹越冬していました

 

スズメバチは居ませんから大丈夫です!は次回から

スズメバチは居ませんがカメムシや他の蜂たちが越冬して、何かしら害を及ぼすかもしれません!とお伝えしようと思いました

 

 

今年最初の蜂絡み!の投稿画像06

たまに空き家になったスズメバチの巣を利用して、小鳥が藁や小枝で巣作りをするために糞や寄生虫、ダニが沸いたりする事があるのは知っていたのですが、まさかカメムシが・・・・・

家の軒下に空き巣を放置している場合、そういうこともあるということです!

一気に暖かくなり、これからますます蜂たちの活動が活発になります

握りこぶしより小さな巣の時は大抵女王蜂1匹で巣を作り始めたばかりなので、家の方でも長距離砲の殺虫スプレーで駆除できますが、ご心配な時にはご連絡ください

(くれぐれも近づきすぎにはご注意を)